More with Less

注力すべき20%を追及するブログ

#38 イヤホン4種類を状況によって使い分けています。

f:id:blogopen830:20160424123241j:plain

Flickr 

常に音楽がある生活をしていると、ヘッドホンとかイヤホンが増えていきませんか?

僕は状況によって使い分けをしているので、そこそこ増えちゃいました。

状況別にイヤホンのタイプを紹介します。

ヘッドフォン

とにかくいい音を聞きたいとき。

でかい音を体感したいときに使っています。

名器なんですが古いため、イヤーパッドのクッションがボロボロになって、頭に当たるとこのクッションパーツが折れましたが、頭の部分は代用パーツがメーカーやamazonから購入可能でした。

長く使えると思います。

ブルートゥース+ノイズキャンセリングイヤホン

勉強には最適、またブルートゥースも最高。

今一番使っています。

結構他の記事で書いちゃってます。

 

カナル型

ブルートゥースのイヤホンが見つかる前に、久しぶりにY型のイヤホンが使いたくて買ってみました。

音はなかなかいいですが、Y型がこんなに邪魔だとは。

やっぱりコードは首の後ろに回せないとつらいです。

持ち歩くバッグの中に、ブルートゥースが電池切れになったときのために常に入れています。

スポーツ用

イヤーフックがあるので走ってても外れにくい、耳にあまりねじ込まないので周りの音が聞こえます。

雨の時もよく使ってますけど、壊れたことないです。

買ったときは1500円くらいだったので、壊れてもまた買えばいいと思ってラフに使ってます。

 

もう他のタイプは買わない気がする

家用のヘッドホン、ノイズキャンセリングイヤホン、ブルートゥース、予備、スポーツ用、これだけあれば他のタイプは必要ない気がしています。

参考にしていただけると嬉しいです。