More with Less

注力すべき20%を追及するブログ

​ #23 集中して勉強するための最強ツールはノイズキャンセリング + Iphoneアプリ

Flickr 

f:id:blogopen830:20160421125835j:plain

勉強って最初に席についたり、用意したり、始めるまでがまず大変ですよね。

何とか机に向かったとしたら、今度は集中しなくてはいけない。

その集中のために、僕にとって欠かせないものを紹介します。

 

 ノイズキャンセリングのイヤホンを使う

このシステム自体はかなり前からありましたが、遮音性のあるカナル型のイヤホンが普及してきてからさらに使えるものになったと思います。

このイヤホンは本当にいい。

ノイズキャンセリングを使用すると、例えば家の中だと洗濯機、外から聞こえてくる幹線道路の車の走行音など、特に低い音がほぼ消えます。

高い音はちょっと聞こえます。イヤホン外すとわかりますが、低い音が消えるので目立つ、でもイヤホンで物理的に耳をふさいでいるので音は小さくなっている、という感じがわかります。

bluetoothの無線を使ってiphone、ipad、mac、windowsで使用。かなり安定して使えます。

音質や、コスパを考えれば他のメーカーの製品もアリですが、勉強に集中するためにはbluetoothが途切れないということが重要です。

IOSとの組み合わせでこれだけ安定して使える製品を探すのは難しいでしょう。

屋外でも途切れません。

悪いところもある

このイヤホンのいいところは、ノイズキャンセリングOFFならほかのイヤホンも使えること、遮音性能、通信の安定性だと思います。

バッテリーも8時間程度持続、2.5時間でほぼ充電できます。

ただ、不満なところは現在の電池残量がわからないので、突然使えなくなる印象です。

電池残量つけてほしかった、前のモデルはすぐわかったのに。

なので、常に長い線のイヤホンも持つことになります。

また、ジョギングで使うにはクリップが弱いので何か対策が必要です。

 集中するためには雨の音。アプリを使う

これで音楽を聞きながらでも勉強はできますが、さらにアプリを使って最適な環境を作ります。

 上のほうは無料版、下のほうは有料ですが聞ける音も増えます。すごいです。

音楽よりも雨音のほうがいいと思います。

このアプリは相当気に入っています。僕はファミレスなどの屋外施設で特にこの組み合わせの効力を感じます。

このアプリの利点を挙げると、

  • HDサウンドでリアルな音
  • 再生中の音がきれい
  • 続々世界中から雨の音がアップされ続けている
  • 写真がきれい
  • 雨だけではなく、海、森の音も聞ける

海や森の音だと不規則なので僕は集中できないですが、バリエーションが豊富でいいです。

特に、このノイズキャンセリングイヤホン+アプリの組み合わせだと外でもさりげなく勉強に適した環境が作れます。

試験を見据えた学習のポイント。インプットとアウトプットの使い分け

学習するにはインプットとアウトプットがあります

たとえば単語の暗記(インプット)と練習問題(インプット)。数学の公式の暗記(インプット)と問題を解く作業(アウトプット)。
具体的な勉強方法としては、インプット時はこれを使用し、練習問題や過去問などのアウトプット時は外して、わざと騒がしい場所でやるようにしてます。

この組み合わせがあれば、何時間でも外で集中できます。充電できてればね。