More with Less

注力すべき20%を追及するブログ

#75 ギターの弦交換がニッパー付きワインダーで変わった

f:id:blogopen830:20160513232132j:plain

Flickr

ギターにおいて、最も洗練された道具

ストリングワインダー ギター用 ニッパー付き

これは弦を切る(ニッパー)、弦を巻く(ワインダー)、ピンを抜くという作業が3つ一つの器具でできるものです。

エレキギターではピンは抜きませんので、僕が恩恵を受けるのはニッパーとワインダー部分。

弦の交換を行う作業に使います。

今まで

この作業では今まで2つの道具を使っていました。

  • ニッパー(弦を切る)
  • ワインダー(通称アルトベンリ、弦を巻く)

ニッパーは重く、工具入れに入れていました。

ワインダーは軽くて小さいので、無くすことがありました。

1か所に収納できず、整理ができませんでした。

2つを1つに

これが道具を1つにすることによってこうなります。

  • 弦切断という小さい作業に特化するのでニッパー部分は小さくなる
  • ワインダーはニッパーがつくので少し重く、少し大きくなるので無くしにくくなる
  • もちろん一つになるので散らからない

この道具が生まれた効果は絶大。

弦交換方法の変遷

原始的な方法

  1. ニッパーで弦を切る
  2. 新しい弦を手動で巻く
  3. ニッパーで余った部分の弦を切る

巻く工程はアルトベンリで劇的に省略されました。

ペグをつかんで巻くのが本当につらくてほぼ弦を換えなかった。

6弦全部を変えた場合、100回から200回程度巻くことになります。

玄関の鍵を200回も回さないと家に入れないようなイライラ感。

このイライラがかなり楽になりました。 

ニッパー付きワインダーでさらに変わった

確かに、ギターの弦程度のものを切るのに工具のニッパーは大きすぎ。

道具が小さくなるし、しかも今までの物と一体するこの発想は偉大。

ここまで完璧なものがほかにあるだろうかと思うくらい、イノベーションの進んだ道具だと思います。