読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

More with Less

注力すべき20%を追及するブログ

#70 ダイエットよりも運動能力を高めたい

f:id:blogopen830:20160506172749j:plain

Flickr

ダイエット以外の目的を考える

糖質制限ダイエットで、2か月くらいで13kg痩せた経験がありますが結局リバウンドで元通りになりました。

ここらへんでいいかな、と体重を目的にしてしまうと、僕は満足して食事制限や運動をしなくなるようです。

目標が体重ではダメなようで、どうすればいいだろうと考えたら、身体能力を目的にするのはどうかと思いつきました。

筋トレはNG

そして、身体能力とは何だろう、と考えたのですが、

身体能力と運動能力の違いですが、簡単に言うと運動能力とは「体を動かすパフォーマンス能力」、身体能力とは「体の筋肉の能力」です。 

 身体能力と運動能力はどう違う? 最近運動能力と言わないのはなぜ? 【OKWAVE】

ということらしく、筋肉を鍛えるということは筋トレ?ですよね、いろいろ道具買いましたが、どうやら苦手ということがわかりましたw

筋トレはなんか地味で面白くないイメージ。

では運動能力というと何でしょう。

短距離走でもやってみるか

使える体になったらまたフットサルでもやってみるとして、とりあえず一人でやるので陸上でしょうか。

ジョギングとかノルディックウォーキングはしていましたが、運動能力というと瞬発力なイメージがあります。

なので逆に50m走を追及してみようかなと思い立ち、調べてみました。

 

50m走の年齢別平均は、

20代=7秒5(7秒3〜7秒7の間程度)

30代=8秒(7秒7〜8秒3の間程度)

40代=8秒5(8秒3〜8秒7の間程度)

一般人の50m走平均タイム | 足が速くなる方法なら[俊足ブログ]

ということで僕30代なので8秒ですか。

とりあえず自分でタイムが計れないといけない。。

普通にストップウォッチを持って走るのも考えましたが、このブログではスマホで動画撮ってあとでタイムを測るとの案がありました。

よさそうですね。

速く走る方法

 武井壮の理論

速く走る方法は武井壮さんがTVで言っていました。

  1. 足が地面についたらそのまま踏ん張らずにすぐに脚を地面から離し前に出す(この時の腕は振ってるわけではなく体の重さを上にあげている)
  2. 腕を振る反動を使って体の重さを軽くする(自分の重さを常に軽い状態にする)
  3. スタートの時は足の筋力は使わず体を前に倒したり腕を振ることで体重を異動させる
  4. 中間のスピードの時は地面をけるのではなく地面を触るイメージで走る
  5. トップスピードになってきた時は地面を思い切り蹴って走る(後半速くなってきた時に有効)

 武井壮が教える速く走る方法 マツコの知らない世界11/24 - ちょっと気になるかも

 脚と地面が接地するときに、無理に衝撃を与えないように走るということのようです。

その衝撃で体力を奪われて後半ばててしまうということらしいです。

とりあえず序盤なのでけがしないように走ればそうなるかな、程度に思っとこう。

4スタンス

4スタンス理論でも速く走る方法が書かれています。

僕は4スタンスだとA2で、つま先外側重心なので、この動画はちょうど参考になります。

笑う

あとは成人男性が一人外で走るときは実践しにくいですけど、「笑う」

でしょうか。

優しい人なら解ける クイズやさしいね | NPO法人ニッポンランナーズの金さんの、子ども達が速く走れるようになる魔法の様なやさしい言葉とは? - フジテレビ

 

とりあえずボルトの動画見ます。。